前へ
次へ

iphone修理で比較的多い水没の応急処置方法

iphone修理で多いといわれているのが画面割れや水没だといわれていますが、特に水没に関しては自分で回復させることも可能といわれているため、あわてて電源を入れてしまうようなことは避けて、適切に対応してください。
iphone修理業者が近くにあればすぐに持っていくことが一番ですが、真夜中などに水没した場合には、応急処置を行ってみることも選択肢の一つです。
まずは電源を落とし、付属品を全てはずしましょう。
SIMカードも取り外してください。
水が付着していることが多いため、ティッシュやタオルで取り除いてください。
目立つ水滴がなくなったら密封できるビニール袋に入れて乾燥剤とともに放置しておきましょう。
決して電子レンジにかけて乾燥させようと考えたり、ドライヤーを当てて乾燥させようと考えてはいけません。
電子機器は熱に弱く、加熱すると基盤が壊れて元に戻らなくなる可能性が高いです。
また、内部の基盤をつなぐ金属が溶けてしまうため、絶対に自然に乾燥させましょう。
朝起きたらiphone修理業者になるべく早く持って行ってください。

水没した場合、iphone修理の正規店と非正規店であれば、非正規店のほうがスピーディーに対応してもらえる可能性が高いです。
そのため、修理を希望しているのであれば、非正規店に出したほうが早いといわれています。
ただし、正規店の保障が残っているのであれば、正規店に出したほうがいいでしょう。
割安な価格でiphone修理をしてもらえる可能性が高いからです。
なお、万が一水没しないように、前もって防水性の高いアクセサリーを装着するか、防水加工にするという選択肢もあるため、参考にしてください。
費用はかかりますが、防水加工を施しておくことで、水没したとしても内部に水分が入らずに応急処置やiphone修理依頼をする必要がなくなります。
なお、一部のiphoneにはデフォルトで防水・防塵仕様となっているため、防水加工をする必要がないことを覚えておいてください。

Page Top